みち(michi20XX)のひとりごと

ジャニーズ好き男子のひとりごと

祝☆CDデビュー1周年

Snow ManがCDデビュー1周年を迎えました。Snow Manのメンバー、スタッフはじめ関係者の皆さん、そして、僕を含めたファンの皆さん、おめでとうございます。

 

Snow Manのこの1年間は文字通り怒涛の勢いでした。1stシングルと2ndシングルがともにミリオンを達成したり、3rdシングルもフラゲ日でハーフミリオンを達成したり、嬉しいことがたくさんありました。また、デビューコンサートが新型コロナウイルスの影響で開催できなくなり、配信ライブに切り替えられたり、紅白歌合戦の出場を土壇場で辞退せざるを得なくなったり、悔しいこともありました。ひとつひとつを見守ってきたひとりとして、Snow Manとともに歩んだこの1年間は本当に忘れることができないものになりそうです。

 

20日の「デビュー1周年&3rd Singleリリース記念生配信」も感動的でした。ファンから寄せられたメッセージに涙するメンバーを見て、僕ももらい泣きしてしまいました。素敵な企画を考えてくれたSnow Manスタッフさんたちに感謝しています。改めて、Snow Manは多くの人に愛され支えられているグループだなぁ…と温かい気持ちになりました。

 

この1年間で、メンバー同士の絆も、メンバーとファンの絆も、より一層強くなったのではないでしょうか。過去にいろいろなグループを好きになってきましたが、これほど愛おしく感じるグループはSnow Manが初めてです。胸を張って「Snow Manのファンです!」と言えるし、Snow Manを全力で推したいと思っています。「#光り輝く9Guys」を応援することができて幸せです。

 

Snow Manは事あるごとにファンへの感謝の気持ち、たくさんの「ありがとう」を伝えてくれます。それはファンの側も同じで、僕はSnow Manに感謝しているし、たくさんの「ありがとう」を伝えたいです。Snow Manのおかげで日々が楽しく、Snow Manの楽曲に癒されたり励まされたりすることがたくさんあります。Snow Manのみんな、いつも楽しそうな姿や笑顔を見せてくれてありがとう。

 

深澤辰哉くん。ふっか。

Snow Manのまとめ役、ありがとう。ふっかはSnow Manとメンバーを俯瞰で見守ってくれていて、ふっかがいてくれるからSnow Manの安定感と安心感が生まれるのだと感じます。メンバーを見る優しい眼差しが印象的です。たまにはメンバーに甘えて力を抜いてもいいんじゃないかな。

 

佐久間大介くん。さっくん

Snow Manの切り込み隊長、ありがとう。さっくんは仕事に対するひたむきな姿勢が強く伝わってきて、さっくんがいてくれるからSnow Manの前向きで元気な雰囲気が生まれるのだと感じます。メンバーやファンに対する細やかな気配りが印象的です。アニメ関連のお仕事にたくさん関われるようになるといいね。

 

渡辺翔太くん。しょっぴー。

Snow Manのメインボーカル、ありがとう。しょっぴーの歌声は伸びやかで美しく、力強さも儚さも表現できて、しょっぴーがいてくれるからSnow Manの楽曲が一層輝くのだと感じます。バブい言動とは裏腹に内に秘めた熱い想いが印象的です。年下3人組(めめらうこじ)に懐かれ慕われている様子を見るとほっこりします。

 

宮舘涼太くん。舘様。

Snow Manの精神的支柱、ありがとう。舘様は口数が少なく物静かだけど、メンバーからの信頼が厚く、舘様がいてくれるからSnow Manの結束力が一層増すのだと感じます。こーじの言動がツボで、声を上げて笑う姿が印象的です。クールな雰囲気も素敵だけど、明るくくだけた雰囲気もたくさん見せてほしいな。

 

岩本照くん。ひーぷん丸。

Snow Manのリーダー、振付担当、ありがとう。ひーぷん丸はリーダーとしてもひとりの男としてもSnow Manを引っ張っていて、ひーぷん丸がいてくれるからSnow Manのパフォーマンスが一層輝くのだと感じます。ストイックな言動と可愛らしい言動のギャップが印象的です。多彩な振付でSnow Manのいろいろな魅力を引き出してくれることを期待しています。

 

阿部亮平くん。阿部ちゃん。

Snow Manの頭脳担当、ありがとう。阿部ちゃんはSnow Manを客観的に見ることができて、Snow Manに必要なことや求められていることを常に考えていて、阿部ちゃんがいてくれるからSnow Manのアイドル感がしっかり保たれているのだと感じます。キラキラのアイドルに徹する姿勢が印象的です。あざと可愛い阿部ちゃんが大好きです。

 

向井康二くん。こーじ。

Snow Manの愛され担当、ありがとう。こーじは寂しがり屋さんで人の懐に飛び込むことに長けていて、こーじがいてくれるからSnow Manの暖かい家庭的な雰囲気が引き立つのだと感じます。Photo Boyとしてメンバーのいろいろな表情をファンに届けてくれるのが印象的です。いつの日かこーじが監修したSnow Manの写真集を見てみたいな。

 

目黒蓮くん。めめ。

Snow Manの熱量担当、ありがとう。めめは年下組なのに落ち着いていて、真面目で熱い性格で個人のお仕事にも真摯に取り組み、Snow Manの名前を多くの人に広めてくれて、めめがいてくれるからSnow Manがさらなる高みへ登っていけるのだと感じます。最年少のらうちゃんを実の弟のように可愛がっている姿が印象的です。夢ノートに書かれている夢をひとつずつ叶えていく過程を見るのが楽しみです。

 

ラウールくん。らうちゃん。

Snow Manの圧倒的センター、ありがとう。らうちゃんは17歳とは思えないパフォーマンスを魅せてくれて、らうちゃんがいてくれるからSnow Manのダンスも歌も一層輝くのだと感じます。最年少でセンターという重圧を真正面から受け止めて頑張っている姿が印象的です。8人のお兄ちゃんに囲まれて、らうちゃんが10代、20代と成長していく様子を見るのが楽しみです。

 

Snow Manのみんな。

Snow Manのメンバーでいてくれてありがとう。Snow Manを盛り上げてくれてありがとう。ファンを大切にしてくれてありがとう。9人という大所帯なのにメンバーひとりひとりの個性が際立っていて、お互いを認め合う姿勢がとても良い相乗効果を生んでいるグループだと思います。Snow Manを見るたびに「Snow Manを好きになって本当に良かった」と思う日々です。

 

昨年のCDデビューの日、1年後のSnow Manがここまで大きくなっているとは正直想像できていませんでした。この1年間、Snow Manはファンの期待や想像をはるかに超えて成長したと思います。メンバーの努力とスタッフさんたちの支えの賜物です。ファンの応援も力になっていたらいいな。

 

これからSnow Manはファンにどんな景色を見せてくれるのでしょうか。

 

2年目以降のSnow Manの活躍をとても楽しみにしています!